【6月19日】
40周年記念演奏会

フルートオーストラ湖笛の会は今年40周年を迎えます。

湖笛の会は松山克子の呼びかけで1982年に滋賀県に縁のあるフルーティスト10名で結成しました。フルートオーケストラという新しい演奏形態が認められて僅か数年後のことでした。当時は4種類のフルートしかありませんでしたが日本のフルートメーカーのたゆまぬ努力により3種類が加わり、国産第1号のバスフルートを湖笛の会は手に入れております。現在ではBモード付も加わり、9種類となったフルートだけのオーケストラは多彩な音色で表現力も豊かになっています。

 

今回のコンサートでは故廣瀬量平先生が39年前に私達のために編曲して下さった「さくら」「荒城の月」「浜辺の歌」と草津市出身の作曲家、中村典子氏が琵琶湖の情景を綴った「母なる湖」、作曲家でもある指揮者ヤニック氏の作品「七夕」と「展覧会の絵」をプログラムに、バレエの賛助も頂き、照明も駆使して華やかなステージに皆様をお迎え致します。

また40周年記念CD「母なる湖」リリース、6月19日に発売。

是非お出かけくださいますようお願い致します

フルートオーケストラ 湖笛の会

​大きな画像はこちら(表面裏面)からご覧ください。

​PDF版はこちらからご覧ください。

20220619.png
20220619_2.jpg