プロフィール

 「湖笛の会」は1982年、滋賀県に縁のある女性フルーティストにより結成される。

 フルートオーケストラは、主にメロディを受け持つコンサートフルートを中心に、高音部にピッコロ、ソプラノフルート、中音部にアルトフルート、低音部にはバスフルート、コントラバスフルートで構成され、音域を広げることによってパイプオルガンのような豊かで、温かみのあるサウンドを創り出している。

 演奏活動は国内各地に留まらず、1992年のロサンゼルスを皮切りに、ウイ-ン、パリ、ソウル、韓国光州、上海、台北、ニューオリンズなどで公演も行い絶賛を浴びる。2016年7月大阪いずみホールでの「日韓国交正常化50周年記念コンサート」に出演。

 1987年繁緑文化振興財団より助成、1992年滋賀県文化奨励賞、2010年財団法人ヤマハ音楽振興会より助成を授与される。

 また2012年、作曲家集団「クラムジカ」から、11曲のフルートオーケストラのための新作が湖笛の会に捧げられ初演。

 創立年度より“フルートだけのオーケストラ”による可能性と魅力を追求した定期演奏会、1999年より年間6回続けている琵琶湖ホテルチャペルコンサート、36年以上の歴史を重ねる“日本フルートフェスティバルin滋賀”の開催など幅広い活動を展開。また2011年全国規模の「日本フルートコンヴェンション」の滋賀への誘致と成功の裏には、メンバー相互の結束力とユニークな企画力・演出力が余すところなく発揮され、国内外からも注目を集めた。

 日本の四季の童謡と琵琶湖の美しい情景をフルートオーケストラで綴ったCD「湖の四季」、絵本付きCD「猫・ねこ・ネコ」をリリースしている。

 湖笛の会のサウンドは、気品があり、透明感あふれる滋賀の音色として人々の心をとらえ、琵琶湖をわたる爽やかな風のように親しまれている。その集大成ともいうべき「ふるさと・琵琶湖哀歌・琵琶湖周航の歌」のCD(1000円)を2014年にリメイクし、好評発売中である。

フルートオーケストラとは

 

メンバー

 

松山克子

湖笛の会 会長

中山登志子

湖笛の会 代表

山田正子

コンサートミストレス

Please reload

梅本伸子

奥貫美智子

小山仁美

芝田さゆり

宇野英子

吉岡由美

古谷裕美子

細野美樹

山本裕実

Please reload

森口美由紀

小山陽子

柴田真由美

中川未希

中川由美

大滝えみ

酒井香依

山本梨奈

故 明田和江

Please reload

Copyright (C) 湖笛の会 All Rights Reserved.

フルートオーケストラ湖笛の会

〒520-3245 滋賀県湖南市近江台1-1-12

TEL:0748-74-0406 FAX:0748-74-0377 E-mail:info@umibuenokai.com